ハピタスから.money(ドットマネー)へのポイント交換手順[図解]

スポンサーリンクキャッシュパスポート

先日、ハピタスでたまったポイントを、はじめてドットマネーに交換してみました!

まだ参加した案件が承認に至っていないものが多く、4,700ポイントくらいしかたまっていなかったのですが、ハピタスさんの一月の交換上限30,000ポイントに今後ひっかからないように(気が早い)こまめに交換しておこうと、ワクワクしながら交換をしました。

楽しいやんかぁ〜楽しいやんかぁ〜♪

「あんたは最後、飛行機になるんやで!!」(違う!マイルや!!)

ということで、ハピタスからドットマネーへの交換をやってみたのでわたしの大好きな図解を記念に作りました(笑)

図解するほど難しくないのですが、趣味と化していて( ゚∀゚)

3分に1回はめんどくさいと思うんだけどやめられない。。。

臭いけど嗅がずにはいられないあのやつです。

飽きるまでやろうと思います(笑)

では、やります!

ハピタスから、ドットマネーへの交換は、

ハピタスポイント→ドットマネーギフトコード→手動でマネーに交換

という流れになります。

ハピタスポイントから自動的にマネーになるわけではなくて、手動での作業があるので少しだけ手間がありますが、この流れのおかげで「分け合える」「期限が長くなる」といったメリットが生まれます。

ハピタスからポイントの交換申請を行うと、数日後(交換申請をする曜日によって、交換完了までの日数が異なります)、ドットマネーのギフトコードがメール(またはマイページ内のメッセージ)で到着します。

ギフトコードから、マネーに交換するには、メッセージ内のリンクをクリックして、ドットマネーへのマネー登録をします。

ハピタスでのポイント交換申請にはお名前などの簡単な入力が必要ですが、ドットマネーにギフトコードを登録する際にはログイン以外に入力する情報はありません。

ハピタスから到着したギフトコード付きURLをクリックして、ボタンを数回押すだけで即時、マネー通帳に記載されます。

最低交換ポイント300ポイント
交換単位100ポイント
交換上限月間30,000ポイント
交換に必要な日数 平日は中2営業日、土日祝日は、中3営業日
ギフトコードの有効期限発行から2年
ドットマネーの有効期限 6ヶ月後月末 [.money Q&A]

ハピタスに交換申請を出してから、ドットマネーギフトコードが送られてくるまでの期間は、その交換申請を行った曜日によって異なります。

下記表を見ていただくと、祝日である場合は別ですが、月曜日または火曜日が最短になりそうです。

ハピタス交換に必要な日数

申請日を含めると、3営業日が目安となるようなので、月曜日と火曜日以外は間に土日が入り、土日に申請をした場合は、平日が来てから3営業日となるので、トータルの時間が長くなりそうです。

メトロポイントからマイルに交換する時の締め日を考慮したスケジュールを組む場合、連休がないか、営業日ベースで余裕はあるか、など気をつけなきゃいけなさそうです。

わたしが交換した際は、1日早くギフトコードが早く送られてきたので、目安といった感じなのかもしれません。

余裕をもって交換していくようにしなきゃ♪

先ほども書きましたが、ハピタスからドットマネーへの交換申請が完了するとドットマネーのギフトコードが送られてきます。

ギフトコードはその名のとおり「ギフト」に用いられるからギフトなのであって、プレゼントが可能ですヽ(*´∀`)/

夫の方がポイントを貯められた月にわたしのポイントが足りなかったりなんかしたときに分けてもらったり、逆にわたしのを分けたり。

結構これ、すごいことだと思います。

マイルとは離れてしまうけど、お友達にプレゼントしたりもできるってことですもんね!?

ドットマネーに交換できるようになって、さらに、ギフトコードでって、他のポイントサイトに比べてハピタスさんがそりゃおすすめされるわけだ。
どうかこのままでいてください。

そして何よりも嬉しいのがギフトコードは有効期限があるものの、マネーにしてしまった場合に比べて長くなる点です。

マネーにしてしまうとマネー通帳に記載されてから6ヶ月後の月末までしか有効期限がありません。
めちゃくちゃ短いですよね?
ソラチカルートに渋滞が起こっていたら、マネーの失効なんてことになるかもしれません。

ギフトコードの有効期限は、発行から2年です。

他のポイントサイトの場合.moneyに交換した際には直接マネーに交換されちゃいます。
こちらのマネーを優先してメトロポイントに交換してって、ハピタスさんからのギフトコードは控えにして、足りない分を補っていくっていう使い方が良さそうです。

\ わたしも早く補いたい。/

全部がハピタスさんみたいにギフトコードだったら嬉しいのになぁ。

ハピタスさんは、「マイルの貯め方」ってキーワードでスマホからGoogle検索すると広告が出ているほど、陸マイラー贔屓な素敵なポイントサイトです。

きっと、マイラーブログを読んでおられて、「ソラチカルートの渋滞」を把握されているのでしょう(妄想列車爆走中)
陸マイラーの強い味方です。
いついつまでもギフトコードでの交換で是非お願いいたします。

繰り返しになりますが、(わたしが)忘れてしまいそうなのでもう一度書きます。

マネーの有効期限は6ヶ月しかない

・ギフトコードの有効期限は2年

・マネーにすると有効期限は6ヶ月

ギフトコードをドットマネーに交換(反映)してしまうと、その時点から、6ヶ月後の月末までに有効期限が短縮されてしまいます。

メトロポイントからマイルに交換する際の上限が20,000メトロポイントなので、ギフトコードからどんどんマネーにしてしまうと、上限にひっかかってしまってマイルに交換できずに、マネーの有効期限が切れて泣くよね〜ってことになりそうです。

ギフトコードもマネーに比べて長くはありますが、2年という有効期限があるので、タイミングよく考えていかないといけなさそうです。

まだ渋滞が起こっていないので、完全に妄想ですが(笑)

SMS認証できない人はドットマネーからメトロポイントに交換できない

この作業と同時にメトロポイントへの交換作業も行ったのですが、ドットマネーでは最初の交換時にSMS認証の必要があります。

携帯電話がない場合、SMS認証ができないようで、
よくある携帯電話を持っていない方向けの発番号通知で電話をかけて・・・という認証がないようなんです。

SMS認証ができない方は、ハピタスからの交換だけでなく、ドットマネー自体の利用が難しそうです。

その他、ハピタスさんが交換時に書いてくださっている注意事項を以下に引用しておきます。

ハピタスさん交換時の注意事項 メールより引用
■注意事項
・ドットマネーギフトコードは、ドットマネーでのみご利用いただけます。
・ドットマネーギフトコードは有効期限内(発行から2年間)に1回のみご利用が可能です。
・ドットマネーギフトコードで交換されたマネーの失効期限は、交換日から6ヶ月後の月末となります。
・ドットマネーを現金等へ交換するにはご本人様情報の登録と、SMS認証が必要となります。
・法令上必要とされる場合を除き、ドットマネーギフトコードの返品・返金および換金はできません。
・ドットマネーギフトコードを紛失した場合または盗難・改ざんされた場合であっても、ドットマネーギフトコードの返金および再発行はできません。
・システムメンテナンス等により、予告なく一時的にドットマネーギフトコードが利用できない場合があります。


それでは、ハピタスからドットマネーへのポイント申請から、ドットマネーへのギフトコード登録までの手順をどうぞ!

ハピタスからドットマネーにポイント交換する際は、まず、ハピタスにポイント交換申請をする必要があります。

ハピタスからポイント交換申請を行うときは、
・秘密の質問への回答
・姓名(漢字・カナ)
・パスワード
の入力が必要です。

秘密の質問を登録されていない方は、先に秘密の質問の設定をする必要があります。
電話認証をしないとポイント交換ができません。

↓手順はこちら
ハピタスに秘密の質問を設定する 電話認証

ハピタスから、.money(ドットマネー)へのポイント交換にはドットマネーアカウントが必要です(当然か^^)

↓登録手順参考記事
ドットマネー登録手順

それでは、ハピタスからドットマネーへのポイント交換申請から、
ドットマネーへのポイント交換までの手順を図解でお送りいたします。

ハピタスのマイページに常に表示されているヘッダー部分(一番上の部分)のメニュー内の
「ポイント交換」ボタンをクリックします。
クリックすると、交換可能なポイントの一覧ページが表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順1

交換先のメニューが左側にいくつかあります。
ドットマネーへの交換は「ドットマネーギフトコード」ボタンから行います。

左のメニューの「ドットマネーギフトコード」ボタンをクリックします。
クリックすると、ドットマネーギフトコードへの交換についての詳細ページが表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順2

ドットマネーギフトコードへの交換についての詳細ページに表示されている、「.money」のロゴの下にある「交換申込み」ボタンをクリックします。

クリックすると、ドットマネーへの交換手続き用のページが表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順3

設定してある秘密の質問への回答を入力します。

入力したら「回答する」ボタンをクリックします。
クリックすると、氏名等を入力するページが表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順4

情報を入力するページが表示されます。

姓名(漢字・カナ)を入力し、交換するポイント数を選択します。

入力&選択が完了したら、「確認する」ボタンをクリックします。

クリックすると、入力内容の最終確認画面が表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順5

入力した情報、交換ポイント数の確認画面です。
内容に間違いがなければ、設定しているパスワードを入力して「交換する」ボタンをクリックします。

修正する場合は、「修正する」ボタンをクリックして戻れます。

この画面が最終確認画面となるので、よくご確認ください。

「交換する」ボタンをクリックすると、ポイント交換申請が完了し、完了画面が表示されます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順6

ハピタスさんから、ドットマネーへのポイント交換の申請が完了しました。

この時点では、ポイント交換申請が完了したに過ぎず、数日後、ハピタスさんから送られてくる、「ドットマネーギフトコード」を受け取り、ドットマネーにマネーコードを登録する手続きが必要になります。

ハピタスさんのポイント交換の日数は、下記画像にもありますが、

月曜日→木曜日
火曜日→金曜日
水曜日→翌週月曜日
木曜日→翌週火曜日
金曜日→翌週水曜日
土・日曜日→翌週木曜日
となります。

平日は中2営業日、土日祝日は、中3営業日ですね。

あくまでも、公式アナウンスであって、早くなることもあるようで、わたしはまだ1度だけしか手続きしていませんが、1日早く(といっても夜でしたが)ギフトコードが送られてきました。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順7
ギフトコードのまま持っていおいた方が良い場合もあります
3回目(しつこい)。
ギフトコードの有効期限は2年あります。
ギフトコードをドットマネーに交換(反映)してしまうと、その時点から、6ヶ月後の月末までに有効期限が短縮されてしまいます。
マイルへの交換スケジュールと交換上限ポイント数に照らし合わせて、ギフトコードのまま保持しておいた良い場合もあると思います。

ご自身で調整しながら、必要な分だけドットマネーに交換していく方が良さそうです。

ここからの手続きは、ドットマネーへログインした状態で行います。

ハピタスさんでの交換手続きが完了すると、メールでギフトコードが送られてきます。
ハピタスのマイページのメッセージ内にも、同じものが掲出されます。

マイページのヘッダーにある、メールマークにメッセージ着信のマークが出ていたら、クリックしてメッセージページに行きます。

わたしはメールソフトを立ち上げることすらもはや面倒なので、ハピタスさんのメッセージ内から手続きをしています。

ヘッダーのメールボタンをクリックすると、メッセージ一覧ページに移動します。
「ポイント交換完了」というタイトルのメッセージをクリックして開きます。
このメッセージの中に、ギフトコードが書かれています。

メッセージ内の「ドットマネーギフトコードの使用方法」と書かれた下にある、
ギフトコード付きのURLを一つ一つクリックしていくと、ドットマネーへの交換手続きが簡単です。

ハピタスのメッセージ内からURLをクリックするときは、同じウィンドウ内でページが開いてしまい、ドットマネーに遷移後、またハピタスに戻ってくるのが面倒なので、URLの上で右クリックしてコンテキストメニューを出し、「新しいウィンドウで開く」や「新しいタブで開く」などから開いた方が楽だと思います。
複数のギフトコードが送られてきている場合は、同じ作業をギフトコードの数だけ行います。

URLをクリックすると、ドットマネーのギフトコード入力ページに移動します。
URLにギフトコードが付いているので、自分で入力やコピペをする必要がなくて楽ですよ。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順8

ドットマネーのギフトコード入力ページに移動しました。
ログインしている状態であれば、下記画像のようなページに遷移します。
ログインしていない場合はログインしてください。

.moneyログイン

ギフトコードはURLから自動入力されていますので、そのまま「確認画面へ」ボタンをクリックします。

クリックすると、確認画面に移動します。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順9

交換確認ページに遷移します。
交換ポイントに間違いがないか、確認をして、「交換する」ボタンをクリックします。

複数のギフトコードが送られてきている場合、一つずつのギフトコード(付きURL)が持つ交換ポイントはハピタスに交換申請を出した総額ポイント数ではなくて、そのギフトコードが持つポイント数になります。
同時に送られてきたギフトコード全てのポイント数を合算すると、ハピタスで申請した交換ポイント数となります。

「交換する」ボタンをクリックすると、交換が完了し、交換完了画面に遷移します。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順10

交換完了画面です。
以上で、ドットマネーギフトコードから、マネーへの交換が完了しました。

複数のギフトコードが送られてきている場合は、ギフトコードの数だけ手順「8」から手続きを繰り返します。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:手順11

交換したポイントは、すぐにドットマネー通帳に反映されます。
ヘッダーメニューの「ドットマネー通帳」をクリックすると、ドットマネー通帳が表示されますので、
交換したポイントがきちんと反映しているか確認することができます。

ハピタスからドットマネーへの交換申請図解:通帳の確認

以上で、ハピタスからドットマネーへの交換手続き図解バージョン(テキストバージョンはない。バージョンって使いたかっただけです)を終わります(*´∀`*)
お読みいただきありがとうございました!!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへなんか寂しいのでランキングに参加してみた。参考になるサイトがいっぱいですよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です